乾燥肌なので、洗顔をして肌に負担をかけないかどうか

若いときは皮脂も多かったので、洗顔についてあまり深く考えていませんでした。

しかし年齢を重ねるにつれ、自分の肌のことがよく分かってきました。
まず、私は皮膚が薄くかなりの乾燥肌です。

化粧品売り場で肌の状態をチェックしてもらうと、油分も水分もほとんどありませんでした。

確かに、朝洗顔してからお化粧をすると、その時点でもう肌はカサカサになっています。
それ以来、肌に負担のかかる洗顔料は避けてきました。

洗浄力が強いものやピーリング作用のあるものなどは、試すのも恐ろしいくらいです。

だから、夜はダブル洗顔はしません。

今使っている洗顔料は、メイク落としと洗顔が一度で済むものです。

洗顔するときは肌にポンポンと押し付ける程度です。

ゴシゴシこすると、あっという間に肌の表皮に小さな傷ができてしまい、洗顔後にピリピリと痛くなります。

朝もぬるま湯でパシャパシャと洗顔するだけです。
それだけで汚れは落ちてくれると思っています。

乾燥肌で砂漠状態なのですが、鼻だけは唯一皮脂がたくさん出るようで、特に夏はあぶら取り紙を使うこともあります。
そしてなんとも悩ましいのが、鼻の毛穴の汚れです。

ポツポツと毛穴が黒くなっているのです。

きっと、若いころに仕事が忙しいことがあり、化粧も落とさずに寝ることがあったからだと思います。
しかもお風呂につからずシャワーだけだったので、毛穴の汚れが詰まってしまったのではないでしょうか。

洗顔で落そうと鼻だけピーリング入りの洗顔料を使ってみましたが、汚れは取れませんでした。
また、メイク落としに重曹を少し入れて優しくこすってみましたが、これもダメでした。

タオルをレンジで温めて鼻に当て、スチームで毛穴をふやかしてから洗顔してもダメ。

さらにビタミンC入りの美容液を塗ってみたり、美白の化粧水を塗ってみたりしましたが、まったく効果はありませんでした。

いろいろ試しながらも目に見えた効果は得られず、結局この鼻の毛穴の汚れと10年は付き合っています。

米肌 ccクリーム

洗い上がりの肌がつっぱらないもの

メイクをした日もしない日も朝晩の洗顔は欠かせません。

洗顔料はドラッグストアで買うことが多いのですが、値段と効能を見ていろいろなシリーズを買ってためすことが多いです。

夏場は汗ばむのでさっぱりと仕上がるものを買うことが多いですが、冬場はしっとりと仕上がるものを選ぶこともあります。

季節によって肌の状態は違うのでずっと同じ洗顔料や同じシリーズにこだわることなく気になるものを選んでいます。

ひとつこだわるのは香りです。

いかにも化粧品という香りや甘い香りは苦手なので、柑橘系や素朴な香り、無香料を選択します。

毎日同じように洗顔していても洗い上がりの肌を触ってみて、まだオイリーさを感じるようなときは2度洗いします。

洗ったという実感があるのはやはりサラッとつるっとした感触を感じる時なので、その感触が感じられないともう1回となります。

ごしごしこすらず最初に泡立てた泡で優しくなでるように洗うというのも心掛けています。

毛穴の汚れで一番気になるのは鼻です。毛穴つまりをとるはがすタイプのパックを使うこともありますが、日常的に使うのは毛穴対策も入った洗顔料です。

ツブツブの粒子が入っているもので、洗顔とパックとの2度手間をかけるよりも1度で洗顔と毛穴対策ができるのでコスト面でも時間的にも節約できて私は好きです。

ただ毎日こちらで洗顔すると肌が負けてしまいそうな気もするので、鏡で見て気になった時に週に1度か2度使うようにしています。

夏場は皮脂つまりが気になるし、洗い上がりがさっぱりするので使用頻度は上がります。

皮脂がつまっていると手触りがざらざらするし、化粧のりも悪くなるので、見た目だけでなく手触りも使用するかどうかの目安としています。

お風呂上りに水蒸気で蒸された状態の顔を見て皮脂浮きがあった場合は、毛穴対策の日だなと思います。

浮き上がっているので洗顔できれいに取れた時は鏡を見ても手で触ってもすっきりさっぱりと気持ちいいです。毛穴 黒ずみ 除去

洗顔を選ぶ時は、洗顔後につっぱらないこと

元々乾燥肌なので、洗顔をすると顔がつっぱることがありました。
特に洗顔力が抜群などと宣伝しているものはその傾向が強かったかな?

また以前に美容の勉強をした時に、汚れは泡が浮かせて落とすということを習ったので、洗顔はとにかく泡立ちが良い物の方が肌が傷みにくくて良いと感じていました。

そのため、私の洗顔をする時のポイントは、肌がつっぱらないような洗顔料を選ぶということと、泡立ちが良い物を選ぶということです。

洗顔は朝や夜する物があり、それぞれに役割が違うと思っています。
朝の洗顔は目をさます、気分をシャキッとするような意味が含まれています。

洗顔も夜に出た汗やべたつきを取り除く意味があると思っています。
また夜の洗顔に関しては、一日の汚れを落とす意味があると思っています。

私の場合は、夜になると小鼻の周りがザラザラになることがよくあるので、しっかり汚れを落とせるものが良いと思って洗顔料を選び使用していました。

特に小鼻の周りは、注意して洗っていました。

ファンケルの洗顔パウダーの存在を知ったのは、私の妹が使用していたからです。
はじめはどんなものか全くわかりませんでしたが、妹から、洗顔後も潤いがキープできるということ、また泡立ちが凄く良いことを聞いたのです。

そのため、一度使用してみることにしたのですね。
パウダーを使用する洗顔は初めてなので、どんな風に泡が立つか全く想像がつきませんでした。

しかし専用のネットがあったので、難しくはありませんでした。

また小鼻を中心としてしっかり洗っても、その周辺は乾燥していないのです。

はじめはビックリしましたね。
妹からもインターネットの口コミも見ていましたが、その評判の良さを実感しました。

またリピーターが多いもの納得です。

私はこのファンケルの洗顔パウダーを使用する様になって、冬のかさつきがあまり気にならなくなりました。

それまでは顔がつっぱることも多かったのですが、それがなくなったので、本当にうれしいです。

使い始めて洗顔後に笑うのもこわくなくなりました。

毛穴 洗顔料