洗顔を選ぶ時は、洗顔後につっぱらないこと

元々乾燥肌なので、洗顔をすると顔がつっぱることがありました。
特に洗顔力が抜群などと宣伝しているものはその傾向が強かったかな?

また以前に美容の勉強をした時に、汚れは泡が浮かせて落とすということを習ったので、洗顔はとにかく泡立ちが良い物の方が肌が傷みにくくて良いと感じていました。

そのため、私の洗顔をする時のポイントは、肌がつっぱらないような洗顔料を選ぶということと、泡立ちが良い物を選ぶということです。

洗顔は朝や夜する物があり、それぞれに役割が違うと思っています。
朝の洗顔は目をさます、気分をシャキッとするような意味が含まれています。

洗顔も夜に出た汗やべたつきを取り除く意味があると思っています。
また夜の洗顔に関しては、一日の汚れを落とす意味があると思っています。

私の場合は、夜になると小鼻の周りがザラザラになることがよくあるので、しっかり汚れを落とせるものが良いと思って洗顔料を選び使用していました。

特に小鼻の周りは、注意して洗っていました。

ファンケルの洗顔パウダーの存在を知ったのは、私の妹が使用していたからです。
はじめはどんなものか全くわかりませんでしたが、妹から、洗顔後も潤いがキープできるということ、また泡立ちが凄く良いことを聞いたのです。

そのため、一度使用してみることにしたのですね。
パウダーを使用する洗顔は初めてなので、どんな風に泡が立つか全く想像がつきませんでした。

しかし専用のネットがあったので、難しくはありませんでした。

また小鼻を中心としてしっかり洗っても、その周辺は乾燥していないのです。

はじめはビックリしましたね。
妹からもインターネットの口コミも見ていましたが、その評判の良さを実感しました。

またリピーターが多いもの納得です。

私はこのファンケルの洗顔パウダーを使用する様になって、冬のかさつきがあまり気にならなくなりました。

それまでは顔がつっぱることも多かったのですが、それがなくなったので、本当にうれしいです。

使い始めて洗顔後に笑うのもこわくなくなりました。

毛穴 洗顔料